Menu

サイエンスヒルズこまつ [ひととものづくり科学館・こまつビジネス創造プラザ]

  • フォントサイズ
  • 小
  • 中
  • 大

開館時間

9:30~17:00(有料観覧受付は16:30まで)

休館日 月曜日(祝日の場合は翌日。GW、夏休みは開館)、年末年始

イベント報告

2021年GW企画展“まわるまわる科学展”が終了しました!

更新日:2021年05月20日

 

 今年のGwでは、「回転すること」で体験できる、面白い科学にふれていただきました。私たちの暮らしの中で少し考えても、“まわるもの”をひとつ取っても、たくさんありますよね。扇風機、洗濯機などの家電製品、自動車などのタイヤ、椅子、回転ずし、地球…。皆さんはいくつあげられますか。

皆さまにご協力をいただいたアンケート結果から、人気展示ベスト4をご紹介、展示内容にもふれて行きたいと思います。

第1位「レインボーロープ」。レインボーライトが点滅するお部屋の中で白いロープをぐるぐるまわすと、残像によってロープが回転した軌跡に色がついて見えます。とても綺麗なので、写真スポットにもなっていました。

第2位「偏光板レインボー」。スーパーやコンビニエンスストアなどに入れば必ず目にしたことがある、食品が入っている透明容器。偏光板をとおして見ると透明の容器が虹色に見え、更に偏光板を回転させながら透明容器を見ると虹色に変化があるので、「わぁ~」と歓声が上がっていました。

第3位「考える人」。ブロンズ像でお馴染みのもの思いにふけるあのポーズです。考える人の像が座った状態から立ち上がり走るまでのフィギュア人形が並んでいる円板が回転し、その人形に点滅する光が当たることによって、座った状態から走るまで一連の動作に見える展示です。「考える人が、めちゃくちゃ早く走っている~」と笑いが起こっていました。

第4位「スピンアート」。高速回転する紙の上に絵の具を垂らすと、世界で1枚しかない、アート作品が出来上がります。子どもたちは、思いつくままに絵の具を垂らし、大人はものすごく考えながら作品を作る姿のギャップに、職員は楽しませてもらいました!

また当館ボランティア・クルーさんたちが手作りした「くるりとまわすと違う絵に見える」コーナーも設置。たくさんの来館者の皆さまに楽しんでいただきました。

体験教室では、企画展と連動した“まわる”をテーマにした教室も実施。

「7分以上回るこまのひみつ」

「クリスタルモビールを作ろう」

「手回しビー玉階段のぼりを作ろう」

 

ヒルズ一体となって、「まわる」をテーマに各イベントを盛り上げました。来場者の皆さま、感染症対策として、何度も何度も手指消毒等にご協力をいただき、ありがとうございました。



2021年GW企画展“まわるまわる科学展”が終了しました! – サイエンスヒルズこまつ