Menu

サイエンスヒルズこまつ [ひととものづくり科学館・こまつビジネス創造プラザ]

  • フォントサイズ
  • 小
  • 中
  • 大

開館時間

 4/1~9/30 9:30~18:00(有料観覧受付は17:00まで)
10/1~3/31 9:30~17:00(有料観覧受付は16:00まで)

休館日 月曜日(祝日の場合は翌日。GW、夏休みは開館)、年末年始

イベント報告

2019.9/23 高橋真理子 プラネタリウム講座「二人の銀河鉄道 賢治と嘉内の青春」が開催されました

講演会

更新日:2019年09月25日

 

9/21は宮沢賢治の命日・・・ということで、
9/22、9/23の2日間『銀河鉄道の夜』をテーマにした講座が3Dスタジオで開催されました

2日目(9/23)の講師は・・・
星を介して人と人をつなぐ活動を行われている、
宙先(そらさき)案内人の高橋真理子さん

高橋さんがプロデュースされた
二人の銀河鉄道 賢治と嘉内の青春
という映像作品の上映と、高橋さんによる星空と宇宙、そして命のお話がありました

『二人の銀河鉄道 賢治と嘉内の青春』では、『銀河鉄道の夜』の登場人物カンパネルラとジョバンニに、宮沢賢治とその親友・保阪嘉内の姿を重ね合わせ、物語のシーンを実際のエピソードにシンクロさせることで、賢治さんがカンパネルラを通して語りたかった想いが、観ている者の胸に痛いほど伝わってきました

また、星空・宇宙のお話では、天の川を北十字から南十字にくだりながら『銀河鉄道の夜』に出てくる星座を解説されました

素晴らしく星座に詳しい男の子がいて、高橋さんの質問にひとつひとつ答えてくれたので会場は温かい雰囲気に包まれていました

高橋さんはさそり座のところで、真っ赤な一等星アンタレスを紹介された後、蠍の火」のお話しをされました

多くの命を奪った蠍が、空しく命果てようとしたとき、自分の体を喜んでイタチにくれてやらなかったことを嘆き、次に生まれてくるときは、みんなのために身を投げ出そうと誓う場面です

アンタレスは赤色超巨星という星の老化の段階にあり、やがて超新星爆発を起こしますが、そのすさまじい爆発から生まれる元素こそが、われわれの地球や生命の体を作る元になっている
と高橋さんは語られました

科学的な天体としてのアンタレスと物語の中の蠍がピタッと重なったようでした

この講座を通して、『銀河鉄道の夜』に描かれている壮大な宇宙、そして命の大切さを学ばせていただきました!


ステージでお話しされている高橋真理子さん


2019.9/23 高橋真理子 プラネタリウム講座「二人の銀河鉄道 賢治と嘉内の青春」が開催されました – サイエンスヒルズこまつ