Menu

サイエンスヒルズこまつ [ひととものづくり科学館・こまつビジネス創造プラザ]

  • フォントサイズ
  • 小
  • 中
  • 大

開館時間

9:30~17:00(有料観覧受付は16:30まで)

休館日 月曜日(祝日の場合は翌日。GW、夏休みは開館)、年末年始

イベント報告

10/9、10/16 ヒルズ科学講座「珠玉の科学」第4・5回を開催

更新日:2021年10月17日

 
「珠玉の科学」受講生

第4回は、埋蔵文化財センサーで開催し、下濱副所長から鉄や石に関して広域的な交流が盛んだった弥生時代のお話しを聞いた後、勾玉作りの体験を行いました。
最終回の第5回は、各種鉱石でジュエリー作りを体験しました。水晶やメノウなどの石を選んで、思い思いのペンダントを作っていました。
最後に、谷理科専門員から、これまでの石とのかかわりや、楽しいエピソード、さらに石への熱い思いを話していただいて、「珠玉の科学」を終えました。
【アンケート結果より】
 ①全体としては、全員が満足された講座であった。
 ②運営面では、土曜日の13時から約2時間、5回で
  ちょうど良った。
 ③内容的には、安宅海岸や石切り場などの現場へ
  行ったり、博物館や埋蔵文化財センターで
  専門家の話を聞くことができてよかった。
  ただ、子どもたちには少し難しいと思われる内容も
  あった。
 ④地元の石に関する話が聞けて良かった。
 ⑤化学や鉱物の話があるとよかった。などの意見をいただきました。
 ⑥家族で石拾いや博物館めぐりに興味を持ち、楽しむようになりました。
 ⑦小松の歴史や産業・文化に興味を持てました。
 ⑧続編に期待しますと、講座を継続してほしいという意見を多かった。

事務局としては、本講座の目的である“石好きを増やす。“という狙いは達成できたとホッとしております。
最後に、本講座の開催にあたり、ご協力いただきました皆様方に、深く感謝申し上げます。


作った勾玉
目を輝かせての石選び
手こずっています。
皆さんの作品
受講生の皆さん、コロナ禍で度々の日程変更にも関わらず、参加いただきありがとうございました。


10/9、10/16 ヒルズ科学講座「珠玉の科学」第4・5回を開催 – サイエンスヒルズこまつ