Menu

サイエンスヒルズこまつ [ひととものづくり科学館・こまつビジネス創造プラザ]

  • フォントサイズ
  • 小
  • 中
  • 大

開館時間

 4/1~9/30 9:30~18:00(有料観覧受付は17:00まで)
10/1~3/31 9:30~17:00(有料観覧受付は16:00まで)

休館日 月曜日(祝日の場合は翌日。GW、夏休みは開館)、年末年始

イベント報告

8/8,9 奈良学園 工藤博幸先生による体験教室が終了しました!

体験教室

更新日:2019年08月10日

 
奈良学園中学校・高等学校 工藤博幸先生

 教室を実施するにあたり、工藤先生との偶然の再会から実現しました!約20年前に、当時働いていた科学館で出会い、ずっと疎遠になっていたのですが、昨年の夏 国立科学博物館の出前教室で偶然再会し、ヒルズでの教室実施を快く引き受けてくださいました。約20年前の当時から科学部の皆さんと一緒に活動されており、今回も8名の奈良学園科学部の中学生がサポートしてくれました。

 教室は、大盛況!大好評!でした。関西人の工藤先生の巧みな話術、そして知識。中学・高校の化学を指導されているだけあって、大人も子どもも大興奮でした。

 チョコレートを科学しよう!では、カカオ豆から抽出される、カカオマス、ココアバター、ココアのお話、ねるねるねるねとラムネの科学では、「シュワシュワ」「モコモコ」の秘密について教えていただきました。

 どちらの教室も、匂いを嗅いだり、味見をしたりする場面が沢山あり、工藤先生からは、「君らは美味しいものを期待しているかも知れんけど、ここは科学館です。ええかぁ、美味しいものを求めたらあかんで!」「君らはサイエンスヒルズ で科学を学んだワンランク上の子らやで。ワンランク上の食べ方を教えたるな」なんて言う言葉で子ども達や保護者も、大爆笑!!

 

工藤先生曰く、「カカオ100%の世界一苦いチョコレートを君たちは食べたんやで。」 試食した子ども達の顔から苦さが想像つきますよね。

ねるねるねるねとラムネの科学では、様々な実験にも夢中でした!

 口に入るものだからこそ身近に感じられ、年齢を問わず興味関心が高いと感じました。  

ヒルズでは、沢山の外部講師の先生の温かなご協力のもとで、様々な教室運営が展開できています。 ご協力いただいている外部講師の皆さまに、心より感謝申し上げます。



8/8,9 奈良学園 工藤博幸先生による体験教室が終了しました! – サイエンスヒルズこまつ