Menu

サイエンスヒルズこまつ [ひととものづくり科学館・こまつビジネス創造プラザ]

  • フォントサイズ
  • 小
  • 中
  • 大

開館時間

 4/1~9/30 9:30~18:00(有料観覧受付は17:00まで)
10/1~3/31 9:30~17:00(有料観覧受付は16:00まで)

休館日 月曜日(祝日の場合は翌日。GW、夏休みは開館)、年末年始

イベント報告

11/12『宇宙食ってどんなもの?』イベントが終了しました!

講演会

更新日:2017年11月14日

 
宇宙食試食会の様子

ヒルズにとっての秋の一大イベント!

宇宙日本食認定からちょうど10年を記念して、このイベントを企画しました。

前日から設営スタート!

講演会スペース、試食会スペース、宇宙食販売コーナー。スタッフはもちろん、

ボランティアの皆さんも手伝って頂きました。

11:00 いよいよ講演会がスタート!

JAXA広報部 元宇宙日本食開発担当 中沢孝さんにお話をして頂きました。

宇宙飛行士が滞在する国際宇宙ステーションが90分で地球を1周する間、

太陽の日差しがある時間とない時間を45分毎に繰り返し、地上では考えら

れない温度差があることをはじめ宇宙での体の変化、国際宇宙ステーションで

どのように食品を保存しているのか、宇宙日本食のパッケージの工夫等を実際に見せて頂きました。

講演会最後の質問では、大人の方が積極的に発言してくださり、

『無重力の宇宙ではプカプカ浮いているので、お腹が空かないのでは?』との質問に、

『宇宙環境ではお腹が空かなくても食べなければ健康を維持できない。

 だからこそ美味しい食事が大切なんです。』と締めくくって頂きました。

 

 続いて、夏休みに募集した宇宙食レシピ受賞者発表と表彰式を行いました。

尾西食品(株)賞、北陸学院大学賞、(株)BCC賞、ヒルズ賞、各1点、スペース賞5点が選ばれ

企業や大学の皆様にご協力頂き、子ども達に賞を授与して頂きました。

 なんとこの選ばれたレシピすべて!北陸学院大学短期大学部食物栄養学科の皆さんが、再現して

下さいました!!子ども達が手にしているものが、自分で考えたレシピがどのような食材で再現

されて、どのような味付けになったのか、実際に調理された完成写真も掲載されているものを、

学生のお姉さん達から子ども達に手渡ししてくれました☆

 

 イベント最後には、いよいよ宇宙食試食会!

会場内にはごはんとカレーの香りが漂い、スタッフのお腹もかなり空きました。

バックヤードでは、配膳係のスタッフ・ボランティアの皆さんが約150食をセッティング。

温かい食べものをできる限り温かい状態で提供したい思いから、予定時間との闘いでした。

今回初めてヒルズ主催イベントで試食会を実施するに当たり、小松ガス(株)様にもご協力を

頂きました。

尾西食品(株)様よりアルファ米、ハウス食品(株)様よりククレカレーをご提供頂き、宇宙で食べ られている“スペースカレー”と“ククレカレー”の食べくらべをしました。その他デザートも♪

食べながら聞いてみよう!ということで、尾西食品(株)伊藤様より、御社で開発されている宇宙 食についてお話をして頂きました。

この日、イベントに参加出来なかった方は、ぜひともヒルズショップで“宇宙白飯”“スペースカレー”

をお買い求め下さいね。

 この1日のイベントには本当に沢山の方に関わって頂き、快くご協力して頂けたからこそ大盛況で

宇宙食イベントを終了することができました。ご参加頂いた皆さん・ご協力頂いた皆様、本当に

ありがとうございました!!

 これからもヒルズは皆さんと一緒に成長して行きますので、皆様のご声援を宜しくお願い致します!



11/12『宇宙食ってどんなもの?』イベントが終了しました! – サイエンスヒルズこまつ