Menu

サイエンスヒルズこまつ [ひととものづくり科学館・こまつビジネス創造プラザ]

  • フォントサイズ
  • 小
  • 中
  • 大

開館時間

 4/1~9/30 9:30~18:00(有料観覧受付は17:00まで)
10/1~3/31 9:30~17:00(有料観覧受付は16:00まで)

休館日 月曜日(祝日の場合は翌日。GW、夏休みは開館)、年末年始

上映プログラム

高橋真理子 星空トーク「オーロラストーリー ~星野道夫・宙との対話~」(事前受付・先着順)

上映プログラム

更新日:2018/4/3

 

人はどこから来てどこへ行くのか」
そしてなぜ生まれなぜ死んでいくのか

その問いを胸に人類は、遥かな祖先の時代から連綿と自然科学を発展させつづけてきました
素粒子から宇宙まで、あらゆるものの成り立ちがわかるようになってき今、その答えに近づくことは、できたのでしょうか・・・

自然科学は私たちが誰であるのかをたしかに解き明かしつつある。
それなのに、科学の知はなぜか私たちと世界とのつながりを語ってはくれない。
アークティック・オデッセイ 遥かなる極北の記憶』

オーロラが彩る極寒のアラスカ
その自然と人々の営みを撮影し、文章につづった写真家の故・星野道夫さんの言葉です

星野さんは1996年、取材で滞在していたカムチャツカ半島で事故に遭い、43歳で亡くなりました

宙先案内人の高橋真理子さんは、オーロラの研究をしていた大学院生時代、
アラスカでお世話になった星野さんのその言葉に衝撃を受け、
星を介して人と人をつなぐ」活動に向かう決意をされたといいます

星野道夫さん、そして高橋真理子さんが愛してやまないオーロラ・・・
宇宙と地球をつなぎ、生と死をつなぐオーロラ・・・

3Dスタジオに広がる壮大な映像とともに、
オーロラに科学神話の両方からアプローチした物語をぜひ、ご堪能ください!

日 時:平成30624日(11:0012:30

講 師:高橋 真理子(宙先案内人)
     プラネタリウムで19年間、斬新な企画や番組制作を行った後、2013年に独立。
     現在は、本物の星空をなかなかみられない人をつなぐ活動を精力的に行う。

内 容:プラネタリウム番組『オーロラストーリー ~星野道夫・宙との対話~』上映(およそ30分間)
    
星野道夫さんとの思い出や、星野さんの作品と生涯をもとに高橋真理子さんが制作した番組です。

    高橋真理子さんによる星空トーク(およそ40分間)

    質問タイム(およそ20分間)

申込受付はこちら

 

開催日 2018/6/24(日)
開催場所 3Dスタジオ

高橋真理子 星空トーク「オーロラストーリー ~星野道夫・宙との対話~」(事前受付・先着順) – サイエンスヒルズこまつ